NEWS

2020.10.23

Weekly あけぼの

<学診・理科のポイント

2020.10.23

例年の問題構成は、生物、地学、化学、物理の4分野がそれぞれ大問2問で出題されています。

 

○生物・地学

重要語句をおさえ、教科書に出ている実験の操作や結果・理由などを整理しておきましょう。

よく出る実験としては、光合成や蒸散の実験、だ液とデンプンを用いる実験などです。

また、天気の変化は毎年必ず出題されています。

復習を十分にしておきましょう。

 

○化学

重要語句に加え、計算問題の対策が重要です。

密度や質量パーセント濃度、化学変化と質量の変化の計算に慣れておきましょう。

また、化学式や化学反応式、イオン式なども書けるようにしておきましょう。

 

○物理

実験をもとにして、結果や理由を答える問題を中心に出題されます。

光や音、力についての性質や法則を理解しておくことが大切です。

また、電流は毎年必ず出題されています。

オームの法則や熱量の求め方、磁界のきまりなどを復習しておきましょう。

 

中3 学診対策特別講座(クリックしてください)

 

 

 

<学診に向けて一心不乱>

2020.10.16.

今回は、英語科、数学科よりアドバイス!

学診の傾向と対策を万全に!

【英語】

○ 長文・対話文

教科書に出てくる単語・熟語で覚えていないものをリストアップして、覚えましょう。

それと同時進行で、1日1題 時間を決めて、長文・対話文を読んでいきましょう。

答え合わせの際は、なぜその答えになるのかの確認を忘れずに。

○英作文

日々の生活や、ある特定の場所や問題事項を取り上げて、5文以上(1文は5語以上)の英作文を書く練習をし、添削してもらいましょう。

英作文で使えるフレーズをノートにまとめ、暗記しましょう。

  • 〇放送による問題

学校・家庭での音読やリスニングに積極的に取り組み、聞き取る力をつけましょう。

 

【数学】

○正負の数、文字の式、式の展開、因数分解、平方根、二次方程式(解の公式など)の計算など、確実に正解できるように練習しておきましょう。

途中計算を必ず書くようにしましょう。

○連立方程式、一次関数、図形の問題では、まずは、学診に狙われやすい重要問題を完全理解することが大切です。

この問題が出たらこのように解く、といった解法パターンをひとつでも多く身につけることです。

また、作図や確率、文字式の利用(規則性)、図形の証明なども必ず練習しておきましょう。

 

* 過去問等をやっていく中で、難題もいくつかあると思いますが、ひとつひとつの理解の積み重ねが、応用力・実戦力アップにつながっていきます。

「わからないことをそのままにしない」 「できるまで、とことんやる」 の精神で取り組んでいきましょう。

 

学診まであと、20日! 「雨だれ石を穿(うが)つ!」こつこつと根気よく努力を積み重ねていこう。

 

中3 学診対策特別講座(クリックしてください)

 

 

<あけぼの学院 ブログ開設

2020.10.14.

中3学力診断テストまであと24日!学力診断テストは試験範囲が広いため、中学1.2年範囲の復習が得点のカギを握ります。

 

今回は国語科よりアドバイス!

学診の問題構成と配点は、

(昨年度を参照)

1.小説文(27点)、2.説明文(35点)、3.古文(22点)、4.漢字(16点)。

またその中で文法問題や慣用句や熟語の構成や文学史などの知識を問う問題がでます。

 

特に文法問題は毎年出題されているので、以下のポイントを復習しておきましょう。

1.文を文節に区切る。

2.品詞を識別する。

3.用言の活用形を識別する。

 

文学史の問題も頻出です。

以下のポイントを復習しておきましょう。

1.三大随筆の作品名、作者、時代をおさえる。

2.奈良、平安、鎌倉時代のそれぞれの有名な文学作品を時代別におさえる。

よく出る文学作品(万葉集、竹取物語、枕草子、源氏物語、方丈記、徒然草、平家物語など)

 

先手必勝、早期対策を始めましょう。

2020.10.20

中3学診対策特別講座

学力診断テストまであとわずか!

直前対策を実施します!

 

テストに出る重要ポイントを完全理解!

(下の画像をクリックして拡大)

 

2020.10.15

確認テスト対策講座

11/4(水)、5(木)に多くの学校で確認テストが実施されます。

確認テストは定期テストより範囲が広いのが特徴です。

早期対策で成績アップを目指しましょう。

 

何が何でも成績アップ!!

中1・中2 確認テスト対策講座

(下の画像をクリックで拡大)

 

2020.09.26

コロナウイルス感染症対策

※ 新型コロナウイルス

感染症対策について

 

「福井県感染拡大警報」は9/25(金)に解除となりましたが、あけぼの学院では引き続き「県民行動指針」に従い、以下の点に注意していきます。

職員は、衛生面や健康面の管理を徹底し、マスク着用で授業臨みます。

学院内には、殺菌・消毒用品を常備し、手洗いができるよう配慮されています。

教室(クラス)の生徒さんの数を制限し、座席は間隔を空けています。

生徒さんにおかれましては、次の点を守って受講るようにしてください。

あけぼの学院へ来る前と帰宅後に手洗い、うがいをすること。

マスクを着用し、ハンドタオル・スリッパを持参すること。

検温とアルコール除菌をしてから入室すること。

生徒さん同士、2m程度の距離を置いて行動するよう心がけること。         

*37.5度以上の熱がある場合や体調がすぐれない場合は、欠席をお願いします。日々、新型コロナウイルスをとりまく状況は変化しておりますので、対応変更する場合がございます。

詳しい対応につきましては、適宜ご連絡差し上げます。

生徒さんの健康確保と感染拡大防止のために、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。