お知らせ

◆試験の目的:生徒個々の学力を診断し、今後の学習の指標とするものである。

◆試験日程 :平成29年11月7日(火).8日(水) *学校にて必ず確認してください。

◆試験教科 :国語・英語・数学・社会・理科(各教科50分)

1日目は国語・英語・数学、2日目は社会・理科、2日間で実施。

◆試験範囲 :中学1・2年の全学習範囲中学3年前半までの学習範囲(範囲表参照)

 

福井県下の中学3年生全員が、同じ日程で同じ問題に取り組むことから、受験校決定の決め手ともなる重要な試験である。進路指導の際は、定期テストの結果のみならず、学力診断テストの結果が重視される。推薦入試校内審査の参考資料ともなっている。

 

試験範囲は中学1年の初めから中学3年の前半までと広く、出題傾向も単元融合・総合実戦形式で、定期テストと比べて点数が取れないことが多い。五教科合計の平均点は、毎年280~290点位。教科によって難易度が違い、学校間でも点数差が見られる。

 

●出題範囲が広いので、早期対策弱点強化がカギを握る。

●出題傾向や問題構成をつかむ。思考力・判断力・表現力をみる問題が出る。

●基礎・基本問題で確実に点数を取る。問題をよく読み、ミスをなくす。

●単元融合問題などに慣れ、総合問題や実戦問題に強くなる

●時間配分を意識し、制限時間内に正確な答案を作成する。

 

<確認事項>

*学診対策特訓受講日の平日のpm6:00~pm7:00は、学校の宿題完成や学診対策特訓の課題演習に教室を開放します。質問や疑問点の解決にもご利用下さい。(予約制・無料)

*在籍生において、通常の個別指導と重なる場合、学診対策特訓の方を受講していただきます。

個別指導の振替日時につきましては、事前にご連絡・ご相談致します。

*特訓終了後、受講カルテにて学習成果を報告し、進路等に関するご相談を承ります。

*本編は10月下旬に実施予定です。

 

お申込はお電話にて。

あけぼの学院 指導部

Tel:0776(53)5600 (代表)

トップページ